• Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel
  • Hair Removel

商品コード / wave005

Hair Removel

¥22,800(税込)

228ポイント獲得

返品交換について

在庫有り

カラー















 
注意事項
当製品を正しく安全にご使用いただくため、必ず下記の注意事項・禁止事項を読んだ上でそれに従ってご使用ください。
直接水で洗わないでください。
以下の状況下でのご使用をお控えください。
(1)現在医療機関で治療中の方または身体に感覚障害のある方
(2)妊婦、産児、子ども
(3)感染症を患っている方
(4)皮膚の知覚障害がある方、また皮膚に疾患がある方
(5)急性の病気を患っている方
当製品を乳首、乳輪、性器などの部分には使用しないでください。
当製品を毛を伸ばしたい部分には使用しないでください。
当製品を脱毛以外の目的には使わないでください。
当製品に傷や破損がある場合はご使用をおやめください。
当製品はご使用時にフラッシュがあり、目に直接照射しないでください。また目の周りにご使用しないでください。
当製品の使用前4週間に日光の下で肌の露出を避けてください。
肌が自然に暗い場合はIPL脱毛器を使用しないでください。
照射が非常に熱い場合はすぐに機器を皮膚から離してください。
香水や消毒液など燃えやすいアルコールを肌にぬっている際にはご使用をお控えください。
児童の体に使ったり、また機器を渡して使用させないでください。

禁止事項

このIPLレーザー脱毛器は誰でも使えるように設計されておりません。使用する前に以下の場合を検討してください。
※レーザー脱毛器が使用できるかどうか不明な場合はかかりつけの医師にご相談ください。
※暗い色の肌の場合は当製品を使用しないでください。暗い肌の色は光を吸収し、やけど、色素沈着などを引き起こす可能性があります。
※日焼けした肌、あるいは直射日光を浴びた後にレーザー脱毛器を使用しないでください。日焼けした肌にはメラニンが多く含まれ、この肌にレーザーを当てると火傷、水疱、肌の色の変化などの副作用が発生する恐れがあります。

ご使用準備

ご使用する前に肌をしっかりと洗浄し、お手入れする部位のムダ毛を先に除毛します(1mm以下)。
完全に乾いた状態で発毛がなく、油性物質(香水、ローション、日焼け止め、その他の残留物)が皮膚に残っていなければ光エネルギーは効果的にムダ毛の根元まで広がります。
※注意:当製品をご使用中に毛を剃っていない、また当てる皮膚が不清潔の場合様々な状態を引き起こします。
1.ムダ毛の中には埃があり、光エネルギーを吸収して肌に痛みや赤み、腫れを引き起こす可能性があります。また埃などの異物が邪魔して光の通常発光を妨げると製品の寿命が短くなる可能性があります。
2.ムダ毛の焦げる可能性があり、ひどくなると肌の火傷を起こす可能性もあります。本器と本体とコンセントに汚れ、ムダ毛、埃、繊維の有無を確認してください。ある場合は乾いた布できちんとふき取ってください。
※本製品をしばらくご使用後、肌の色に変化があったか注意しながらご観察ください。例えば白い肌が黒くなったなど明らかな変化があった場合は速やかに使用をやめ、医師に相談してください。
※本製品を初めてご使用する場合、出力レベルを最初のレベルに調整してください。明らかな痛みがない場合は出力レベルを徐々に上げてください。